YU-GI-OH.jp
×
M
E
N
U
×

 全8名の参加デュエリストが4人ずつ「ディビジョンA」、「ディビジョンB」に振り分けられ、総当たり戦を行う。そして各ディビジョンで最も勝利数の多いデュエリストが1位となり、優勝決定戦に出場。複数人の勝利数が並んだ場合は、勝利した際の残りライフポイントの合計が多いデュエリストが決勝進出者となる。なお、各デュエルはシングル戦で行われ、サイドデッキは使用しない。

デッキ構築ルールについて
 『OCG』公式イベントの「サウザンド・ミーティング」の構築ルールに従ってデッキを構築する。また、リミットレギュレーションは2018年10月1日からのものを適用する。
 なお、使用できるデッキは、予選リーグを通して1つのみ。ただし優勝決定戦では、予選とは異なるデッキを使用してもよい。
※デッキ構築ルールについての詳細は こちらから確認できます。

 

 

 

 

 

 
勝利数
×
2勝
×
×
×
0勝
×
×
1勝
3勝

 

 

 
勝利数
×
×
1勝
3勝
×
×
1勝
×
×
1勝

 

デッキ構築ルール

【アマゾネス】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【アンティーク・ギア】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【インセクト女王】【進化の繭】【寄生虫】と名のつくカードの中から6枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターは「昆虫族」のみ。(「甲虫装機」は使用不可)

【ヴァレット】及び『聖なるバリア -ミラーフォース-』の中から15枚以上メインのデッキに使用かつ、エクストラデッキのモンスターはリンクモンスターのみ

『ウィジャ盤』【死のメッセージ】と名のつくカードの中から10枚以上メインのデッキに使用かつ、『ウィジャ盤』での勝利を目指すデッキ

『ウォーター・ドラゴン』『ウォーター・ドラゴン-クラスター』『デューテリオン』『オキシゲドン』『ハイドロゲドン』『ボンディング-H2O』『リトマスの死の剣士』『リトマスの死儀式』『白魔導士ピケル』の中から好きな組み合わせで合計で12枚以上使用

【E・HERO】【N(ネオスペーシアン)】と名のつくカードの中から15枚以上をメインのデッキに使用かつ、シンクロ・エクシーズモンスターは使用不可

【おジャマ】【アームド・ドラゴン】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【オッドアイズ】【EM】【魔術師】と名のつくモンスターのみメインのデッキに使用可能(魔法・罠カードは通常通り使用可能)

【オルターガイスト】と名のつくカードを25枚以上メインのデッキに使用かつ、エクストラデッキはリンクモンスターのみ

【花札衛】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【ギミック・パペット】と名のついたカードを15枚以上メインのデッキに使用

【極星】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【幻奏の】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

『幻魔皇ラビエル』『神炎皇ウリア』『降雷皇ハモン』『暗黒の召喚神』『失楽園』の中から10枚以上メインのデッキに使用

【剛鬼】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用かつ、エクストラデッキはリンクモンスターのみ

【サイバー】と名のつく「光属性・機械族」のモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【サイバー・エンジェル】と名のつくモンスターを8枚以上メインのデッキに使用

【サイバース族】のモンスターのみメイン・エクストラデッキに使用可能(魔法・罠カードは通常通り使用可能)

【サイバー・ダーク】【サイバーダーク】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【サイレント】と名のつくモンスターを6枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターは戦士族・魔法使い族・天使族のみ

『サクリファイス』とカード名・カードテキストに記載あるカードを10枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターは闇属性のみ

【転生炎獣】と名のつくモンスターを12枚以上メインのデッキに使用

【時械神】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【シャーク】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【ジャンク】【シンクロン】【ウォリアー】(「音響戦士」は除く)と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

『シュトロームベルクの金の城』のカード名が記載されたカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【Sin】と名のつくカードを10枚以上メインのデッキに使用

『水魔神-スーガ』『風魔神-ヒューガ』『雷魔神-サンガ』『ゲート・ガーディアン』の中から8枚以上メインのデッキに使用(ペンデュラムモンスターは使用不可)

【ズババ】【ガガガ】【ゴゴゴ】【ドドド】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【スピードロイド】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【占術姫】と名のつくモンスターを10枚以上メインのデッキに使用

【ダイナレスラー】と名のつくモンスターを10枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターは恐竜族のみ

『地翔星ハヤテ』『天昇星テンマ』『天融星カイキ』をそれぞれ3枚使用かつ、『覇勝星イダテン』『覇道星シュラ』を合わせて4枚上使用かつメインのデッキとエクストラデッキに使用できるモンスターは「戦士族」のみ。

【超重武者】と名のつくカードを20枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキはモンスターカードのみ

【DD(DDD含む)】と名のつくモンスターのみメインのデッキに使用可能(魔法・罠カードは通常通り使用可能)

【ディフォーマー】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【ティンダングル】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【D-HERO】【V・HERO 】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【伝説の騎士】と名のつくモンスターを各1枚以上使用かつ、『ティマイオスの眼』『クリティウスの牙』『ヘルモスの爪』『レジェンド・オブ・ハート』を各1枚以上使用かつ、エクストラデッキに『合神竜ティマイオス』を1枚以上使用

『伝説のフィッシャーマン』『伝説のフィッシャーマン二世』『伝説のフィッシャーマン三世』を6枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターは水属性のみ

【トゥーン】と名のついたカードを15枚以上メインのデッキに使用

【トリックスター】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用かつ、エクストラデッキはリンクモンスターのみ※『ドロール&ロックバード』は使用不可

【忍者】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【ハーピィ】と名のついたカードを15枚以上メインのデッキに使用

【覇王眷竜】と名のつくモンスター『覇王門零』『覇王無限』『アストログラフ・マジシャン』『クロノグラフ・マジシャン』の中からメイン・エクストラデッキに合わせて12枚以上使用かつ、メインのデッキのモンスターはペンデュラムモンスターのみ(【EM】モンスターは使用不可)

【破壊剣】と名のつくカード及び『バスター・ブレイダー』の中から15枚以上メインのデッキに使用

【薔薇】【ローズ】と名のつくカードの中から10枚以上メインのデッキに使用

【ファーニマル】【エッジインプ】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【幻影騎士団】【ファントム】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【フォーチュンレディ】と名のつくモンスターを12枚以上メインのデッキに使用

【フォトン】【ギャラクシー】【サイファー】と名のついたカードの中から20枚以上メインのデッキに使用

【BF】【ブラックフェザー】と名のつくカードの中から20枚以上メインのデッキに使用

『ブラック・マジシャン』とカード名・カードテキストに記載のあるカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

『青眼の白龍』とカード名・カードテキストに記載のあるカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【捕食植物】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【方界】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【宝玉】と名のつくカードを20枚以上メインのデッキに使用

【白闘気】と名のつくモンスターをエクストラデッキに6枚以上使用かつ、水属性モンスターを15枚以上メインのデッキに使用かつ、「アクションマジック」魔法カードを2種以上使用。

【魔界劇団】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【マジシャン・ガール】と名のつくモンスターを12枚以上メインのデッキに使用

【月光(ムーンライト)】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【紋章】と名のついたモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【妖仙獣】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【リボルバー・ドラゴン】と名のつくカード、『スフィア・ボム 球体時限爆弾』『BM-4ボムスパイダー』『鋼鉄の襲撃者』『銃砲撃』の中から10枚以上メインのデッキに使用

【LL】と名のつくモンスターを7枚以上メインのデッキに使用かつ、メインのデッキのモンスターはレベル1のみ

【レイド・ラプターズ】と名のつくモンスターを15枚以上メインのデッキに使用

【【レッド】【リゾネーター】と名のつくカードの中から15枚以上メインのデッキに使用

【レッドアイズ】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用

【ロイド】と名のつくカードを15枚以上メインのデッキに使用(「スピードロイド」は使用不可)、かつシンクロモンスターは使用不可

※現在の「サウザンド・ミーティング」のルールと異なる場合があります。