YU-GI-OH.jp
×
M
E
N
U
×

『遊☆戯☆王VRAINS』第47話から第59話までのストーリーを紹介!!

「ハノイの騎士」のリーダーであるリボルバーとの激闘を終えたPlaymakerは、「LINK VRAINS」とネットワーク世界の平和を見事守り抜いた。その後、SOLテクノロジー社は、闘いによって多大な被害を受けた「LINK VRAINS」を再建し、再び繁栄を取り戻した。しかし、「新生LINK VRAINS」では、リボルバーからネットワーク世界を救ったはずのPlaymakerに、懸賞金が賭けられていた…。


一方、Den Cityで草薙翔一に代わって店の手伝いをしていた遊作は、翔一の弟である
草薙仁が何者かに襲撃された事を聞き、犯人が逃げた「新生LINK VRAINS」へと向かった。再建後、初めて姿を現したPlaymakerに人々は騒然とする。そしてSOLテクノロジー社が結成した賞金稼ぎ「バウンティーハンター」がPlaymakerを追う。


追手を振り切り、仁を襲った犯人であるボーマンにデュエルを挑むPlaymakerの元に、サイバース世界へと戻ったはずのAiが姿を現した。ボーマンは、Playmakerと同じサイバース族、そしてリンクマーカーを持つ驚愕の魔法カード「リンクマジック」を使い、Playmakerを追い込む。


ピンチとなったPlaymakerは、スキルを発動し逆転の一手となる「シューティング
コード・トーカー」を引き当ててボーマンを撃破! しかし、ボーマンと共に行動する謎の少年、ハルの呼び出した追手に行く手を遮られてしまう。その時、炎のイグニスを手にする謎のデュエリスト、Soulburnerが現れ、Playmakerを救済する!


ボーマンを追うPlaymakerだったが、ボーマンは禁止エリアへと侵入し、そのまま姿をくらましてしまう。Den Cityに戻った遊作は、Soulburnerの正体である穂村尊と出会い、「サイバース世界」の現状と新たな敵の出現について話し合った。


一方で、「LINK VRAINS」の調査を進める草薙から、新たなイグニスの痕跡について知らされる。遊作たちは、現場へと向かい、そこで風のイグニスであるウィンディと遭遇する。ウィンディからボーマンの居場所を伝えられたPlaymakerは、風が吹き荒れる谷へと向かった。


嵐の中から姿を現したボーマンは、Playmakerに勝負を挑んだ。そして彼は以前にはなかったPlaymakerと同じロスト事件の記憶を持っていた。激化する闘いの最中、
ボーマンはマスターデュエルでは不可能であるはずのスキルを発動させる!


スキルにより現れた「トライデント・ハイドライブ・ロード」の攻撃を受けて後がなくなったPlaymaker。だが、彼の燃え盛る闘志は消えていなかった。Playmakerは、ボーマンの持つ記憶が偽りと見抜き、勝利への闘志をさらに燃え上がらせる!


見事、ボーマンとのデュエルに勝利したPlaymakerだったが、風のワールドが突如消失し、ボーマンを見失ってしまう。これにより、仁の意識データを取り戻す捜査はまたしても振出しに戻ってしまった。


一方、Den Cityでは「アナザー」事件の犯人の一人であるバイラの元に鴻上了見が現れ、収容所からの脱獄を計る…。
Playmakerをつけ狙うバウンティーハンター、未だ多くの謎に包まれた宿敵ボーマン。そしてイグニスを抹消するために、再び動き出したハノイの騎士。『VRAINS』の物語は、さらに熾烈を極めた闘いとなる!


『遊☆戯☆王VRAINS』
毎週水曜日ゆうがた6:25からテレビ東京系列にて放送中!