YU-GI-OH.jp
×
M
E
N
U
×

『遊☆戯☆王VRAINS』第30話から第38話までのストーリーを紹介!!

「ハノイの三騎士」が起こした「アナザー」事件が解決し、 「Den City」は平穏を取り戻した。しかし、事件で姿を現さなかったリボルバーに疑問を抱いた遊作は、あらためて「LINK VRAINS」内の調査を始めた。


同じく調査に当たっていたゴーストガールと出会ったPlaymakerは、手分けして「LINK VRAINS」の地下を探る。ゴーストガールは異常なエネルギー反応を示す場所を発見し現場へと向かうと、そこにはリボルバーが潜んでいた。


エネルギーの実態を知られたリボルバーは、ゴーストガールにデュエルを挑む。ゴーストガールは強力なモンスター「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を退けるが、リボルバーの「Storm Access」で現れた「トポロジック・トゥリスバエナ」の前に倒れる。


Playmakerはゴーストガールから手渡されたデータから、ネットワーク世界を崩壊させるリボルバーの計画「ハノイの塔」の全貌を知った。そして計画を阻止するために、Playmakerは「LINK VRAINS」へと急いだ。


崩壊が進む「LINK VRAINS」に向かうと、そこにはブルーエンジェルとGo鬼塚が待っていた。二人はPlaymakerと共にリボルバーの捜索に向かう。そんな中、廃墟と化した街の調査をしていたブルーエンジェルの元に、スペクターが現れた。


鉄壁の回復コンボによりブルーエンジェルの戦術をことごとく封じるスペクター。じりじりと追い詰められるブルーエンジェルだが、コンボの僅かなスキを見抜き形勢逆転の一撃を放つ!


しかし、スペクターはその戦術を逆手に取り仕掛けられた罠カードを発動。大ダメージを受け、デュエルに敗北したブルーエンジェルは崩れ落ちた。


一方、「ハノイの塔」へと続く橋を発見したPlaymaker。その橋を渡ろうとしたその時、ブルーエンジェルを倒したスペクターが立ち塞がった。


スペクターに警戒しつつも、連続リンク召喚で猛進するPlaymaker。そして闘いの最中で、スペクターが自分と同じ「ロスト事件」の被害者であり、事件をきっかけにリボルバーと共に行動していたことを知る。衝撃の事実に動揺したPlaymaker は言葉を失ってしまった。


Aiの言葉を受け、Playmakerはデュエルを続行するもスペクターは財前晃を人質に取る非道な作戦を決行する。スペクターへの攻撃を躊躇するPlaymaker。だがその時、財前は自ら犠牲となってPlaymakerに希望を託した。

財前の想いを背負ったPlaymakerは、持てる全ての力をぶつけて『聖天樹の大母神(サンアバロン・ドリュアトランティエ)』を破壊。見事鉄壁のコンボを打ち破りスペクターを撃破した!


Playmakerは強敵スペクターを倒し完成が迫る「ハノイの塔」へと向かう。だが足元の橋が崩壊しPlaymakerは谷底へと落ちてしまった…。果たして彼らはネットワーク世界を脅かすリボルバーの計画を阻止できるのか!?


『遊☆戯☆王VRAINS』
毎週水曜日ゆうがた6:25からテレビ東京系列にて放送中!