YU-GI-OH.jp
×
×
M
E
N
U

『遊☆戯☆王VRAINS』第14話から第17話までのストーリーを紹介!!

リボルバーとの激闘を終えた遊作は、闘いの中で知った「意思を持ったAI」の存在と「ハノイの騎士」の情報を分析していた。そんなある日、遊作の元にゴーストガールから「Ai(アイ)」を賭けたデュエルを申し込まれる。


そのデュエルで勝利すれば、10年前の事件に関する情報が収められた「SOLテクノロジー社」のデータバンクへ入る手掛かりが掴めるとわかった遊作。彼はゴーストガールの挑戦を了承し、すぐさま「LINK VRAINS」へと向かいデュエルを開始する。


ゴーストガールの操る「オルターガイスト」の変幻自在な戦術に翻弄されるPlaymaker。さらに「Storm Access」の発動も防がれてしまい、ピンチに立たされてしまう!


だが、Playmakerはゴーストガールの執拗な罠を掻い潜り、見事「Storm Access」を発動。新たなサイバース「エクスコード・トーカー」を手にする! そしてゴーストガールの作戦を逆手に取り、逆転勝利を収めたPlaymakerは、データバンクへの進入経路のデータを入手した。


Playmakerは、進入経路のデータの解析を済ませ「SOLテクノロジー社」のマザーコンピューターへと侵入し、データバンクを目指す。だが、Playmakerの前にAIデュエリストが立ちふさがった。


張り巡らされたセキュリティと襲い来るAIデュエリストたちを振り切り、目的のデータバンクへとたどり着いたPlaymaker。しかし、そこにはある男が待っていた…


Playmakerの前に姿を現した「SOLテクノロジー社」の財前 晃。彼がデータバンクでPlaymakerを待ち伏せていたその理由とは一体・・・!?


『遊☆戯☆王VRAINS』
毎週水曜日ゆうがた6:25からテレビ東京系列にて放送中!