YU-GI-OH.jp
×
×
M
E
N
U

『遊☆戯☆王VRAINS』第9話から第13話までのストーリーを紹介!!

ついに始まったPlaymakerとリボルバーの因縁のデュエル。開幕早々に現れたリボルバーの「クラッキング・ドラゴン」を退けたPlaymakerは、「デコード・トーカー」をリンク召喚しリボルバーを追い込んだ。
だが、そこでリボルバーは予想だにしないスキルを発動!!


なんとリボルバーのスキルはPlaymakerと同じ「Storm Access」! リボルバーはそのスキルによって手にした強力なサイバース「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を呼び出し、Playmakerへと襲い掛かった。


「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の猛攻を耐え抜き、Playmakerはリボルバーに対抗すべく「Storm Access」を発動。より巨大なデータストームから新たなサイバースを手にするも、リボルバーの手によってデュエルは引き分けとなってしまう。


引き分けとなった二人のデュエルは、「Data Storm」の中でのマスターデュエルへと移行する。ところが、そこには恐るべき罠が仕掛けられていた・・・リボルバーの発動した「天火の牢獄」により、Playmakerのサイバースたち、そしてAiが抹消されてしまう。


そして、意思を持つと言われるAIプログラム「イグニス」ついてリボルバーは語った。サイバースを操り、ネットワーク世界の支配を目論む「イグニス」。その存在を生み出してしまった鴻上博士の償いのために、「ハノイの騎士」は「イグニス」の抹殺を企てていたのだ。明かされたその真相に戸惑うPlaymakerは、リボルバーのエース「ヴァレルロード・ドラゴン」の一撃を受けて倒れ込む。


しかし、Playmakerの闘志はまだ消えていなかった。自身の過去を失った10年前の事件を引き起こした「ハノイの騎士」への復讐・・・そしてその事件に巻き込まれた、ある少年を救い出すために、立ち上がる!


Playmakerは、スピードデュエルで手にした「ファイアウォール・ドラゴン」をリンク召喚! リボルバーの「天火の牢獄」を打ち破り、サイバースとAiを取り戻したPlaymakerは、持てる全ての力を振り絞り、見事リボルバーを打ち倒す!

だが、Playmakerの闘いは始まったに過ぎない。彼の失われた過去の記憶、未だ多くの謎を残す10年前の事件の真実・・・それらの謎が解き明かされるその時まで、Playmakerの闘いは終わらない・・・。


『遊☆戯☆王VRAINS』
毎週水曜日ゆうがた6:25からテレビ東京系列にて放送中!